インプラントって?
様々な治療法
治療費・保証について
インプラント治療に関するお問い合わせフォーム

永久歯は、失うと残念ながら二度と生え変わってきません。そのため今までは入れ歯などを用いるしか、失った歯を補う方法がありませんでした。しかし入れ歯だと、固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、長い期間使用するとガタつきが出てくる、などという場合が出てきます。
インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作成して噛み合わせを回復する治療法です。固定性であるためガタついたりせず、まるで自分の歯のように噛めるようになります。

インプラント治療って?
現在、「インプラント」という言葉は世間で随分と浸透しつつあります。
ただ、聞いた事はあるけど、よく分からない…と思われている方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。またインプラントのイメージはどちらかと言うと怖いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
確かに自分の口腔内にネジらしき物体が埋め込まれるのですから、普通に考えると「怖い」と当たり前に思うでしょう。そんな事までしてなぜ?インプラント治療が良いのか…ちょっとお話します。
歯を1〜2本失った場合は、抜けてしまった両隣を支えとする「ブリッジ」や、取り外し式の部分的な入れ歯が適用されることが多く、全ての歯がなくなった場合には、総入れ歯を作るのが一般的に普及しています。その他の解決法として、現在では「インプラント(人工歯根)」が注目され普及しております。
インプラントとはどのような治療なのでしょう?
歯の抜けた部分の顎の骨に人工の歯の根を埋め込み、それを土台にして人工の歯を作る治療法です。
この治療法により、隣接歯に負担を与える事なく、ご自分の歯と同様の見た目と噛む機能を得る事が可能になりました。食感もご自分の歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことが出来ます。
入れ歯(義歯)やブリッジだと「適切な噛みあわせを長期間維持することができない」「噛む力が弱い」「健康な歯に負担がかかる」「治療の寿命が短い」などデメリットも目立ち、生活をする上で不便な事も多々ございます。
インプラントのネジらしき物体は何者?
人工の歯の根はチタンでできたものを使用します。チタンは生体に相性が良いため、インプラントの材料としては最も安全です。整形外科領域で使用される人工関節もほとんどチタン製です。それ程、骨との相性が良いのです。

歯の役割の中で「食べ物を噛む(咀嚼)」ことは最も重要な役割だとお分かりだと思います。
ブリッジや入れ歯では、咬む事に関して安定感に欠けることが、欠点として挙げられてきました。しかし、インプラントなら顎の骨にしっかりと固定されるので、噛んだ時に元の歯と同じような力が得られるのです。
このようにインプラントとは、見た目の審美性(被せ物がセラミックの場合)や噛むという機能性にも優れており自分の歯が甦るような優れた治療法なのです。

インプラントは治療法もさまざまです
インプラント治療は口腔内の状況によって治療法が異なります。患者さんから最も多いご相談として「骨量が少ないのでインプラントが出来ないのでは?」といったご意見です。
<骨の再生法>
骨が無い部分を回復させるために骨の再生手術を行います。
当医院では、3つ(サイナスリフト・ソケットリフト・GBR)の手術法を行っております。それぞれ、手術の内容・費用など異なりますので、レントゲン・CTなどの診断の結果、患者様お一人お一人に合った手術法を詳しくご説明いたします。骨を再生する手術をすることで、患者様に安心してインプラント治療をして頂きたいと思っております。
サイナスリフト
上顎の奥歯の上には上顎洞と呼ばれる空洞があります。上顎の奥歯を失うと上顎洞は下の方まで伸びて拡大する傾向を持っています。そうすると、上顎の骨の厚みが不足してしまいます。不足した状態ではインプラントを埋めるスペースがありません。
そこで、スペースを作って骨を厚くするのがサイナスリフトです。骨が再生するまでに約2ヶ月期間がかかります。(骨の状態によってはインプラントの埋入の手術と同時に行うこともあります。)
ソケットリフト
上顎の奥歯の上部にある上顎洞と呼ばれる空洞と骨との厚みがない場合に行われる手術法です。
ソケットリフトは骨の厚みが5mm以上ある場合に行います。ソケットリフトはサイナスリフトなどの手術と比べてリスクの少ない安全な手術です。ソケットリフトとサイナスリフトの違いは、骨の厚みです。サイナスリフトは、骨の厚みが5mm以下の場合に行われます。骨の状態によってはインプラントの埋入の手術と同時に行うこともあります。
GBR
インプラントを埋めるだけの骨の量が不足している場合に行う手術法です。骨が再生するまでに約2ヶ月期間がかかります。ただし、骨の状態によってはインプラントの埋入の手術と同時に行うこともあります。
※当医院の人工骨となる骨補填材は生物学的由来のものは一切使用しておりません。ご安心下さい。

<即時インプラント(1回法)>
「抜歯してインプラントを植えるのに、そんなに期間をあけないといけないの?」
「治療期間をもっと短くできないものか」
「出来れば、一回で手術を終えたい」   このような不満や悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今までは、抜歯とインプラントの手術を分けて行うのが通常でした。
なぜかというと、抜歯した後は、歯があった部分に骨がないため、骨が安定して、インプラントができるようになるまで時間がかかるためです。そのため、安定したインプラント手術を行うためにも、抜歯後は何ヶ月も待たないといけなかったのです。現在でも、この原則はほとんど変わっていません。
ですが、やはり「抜歯とインプラントを一緒にしたい!」「何度も麻酔をしたくない!」と思っている方は多いと思います。
このような不満や悩みをお持ちの方におススメ出来る治療法がございます。それは、「即時インプラント」です。
この方法を適用すれば、期間をあけずに、抜歯と同日にインプラントの手術を行うことが可能となります。
但し、誰でもこの方法が適用されるかというと、残念ながらそうではありません。抜歯する歯の場所や状態にもよります。従来どおり、抜歯してから数ヶ月待ったほうが良いケースもあります。また、骨の状態によってはインプラント以外にも必要な手術がある場合もございます。即時インプラントにご興味のある方はお気軽にご相談下さい

治療費は?医療費控除は?保証は?
現在、インプラント治療は保険適用外で自費治療となっていますので、治療費はすべて自己負担になります。
インプラント1本
28万円(税込)

歯が入るまでの工程全て含んだ金額です。(被せ物が銀歯の場合)※セラミックや骨造成などにより金額が多少異なる場合がございます。お気軽にお見積依頼及びご相談下さい。


医療費控除について
インプラント治療に関わる費用は、この医療費控除の対象になります。簡単な確定申告でお金が戻ってきます。控除の対象や手続きなどは詳しくはお近くの税務署にお問合せ下さい。※医療費控除に関してはこちらをご覧下さい
インプラント治療保証
インプラント治療は安心・安全を優先し、末永く使っていただきたいと思っています。しかしインプラント治療終了後に治療部位が何かしらのトラブルに見舞われてしまった場合に当医院では、5年間〜の保証制度を設けております。よりご安心いただけるための仕組みとなっております。詳しくはスタッフからの説明をお聞き下さい。

お支払方法について
メディカルクレジット、デンタルローン、銀行クレジット、各種カード取り扱っております(NICOS、VISA、MasterCard、JCB、アメリカンエキスプレス、ジャックス等)。現金一括払い、現金分割払い(治療内容によって異なる)、銀行振り込み等、各種お支払い方法がございます。お気軽にお問合せ下さい。





インプラント無料相談フォーム
インプラント治療に関するご質問・ご相談や、治療に際してご不安な事など、何でもお気軽にご連絡下さい。「実際に来院・カウンセリングする前にこれを確認しておきたい」「家族の歯の治療について相談したい」などのご相談もどうぞお寄せください。
後日メールまたはお電話にて、当院より返信させていただきます。
お預かりした個人情報は、当院にて厳重に管理させていただきます。
※印箇所は入力必須項目です
お名前
性 別
男性   女性
年 齢
メールアドレス
お電話番号
ご相談内容
ご相談内容をHPでご紹介してもよろしいですか?   構わない




ホームインプラント治療審美セラミック歯周病一般歯科訪問歯科当院での症例クリニックのご案内院長プロフィール