歯周病の進行状況
歯周病治療に関するお問い合わせフォーム

歯周病とは、歯垢(歯の汚れ)や歯石(汚れが固まったもの)に含まれる細菌の毒素によって歯肉が腫れ、歯を支えている骨が溶け始めます。骨が溶けると歯とその周りの歯茎が弱くなってしまう病気です。特に不正咬合の場合には、歯を正しく磨きにくい為、歯垢や歯石が溜まりやすく噛み合わせの際に異常な力が歯と歯茎にかかるため歯周病にかかりやすい傾向にあります。

歯周病の進行状況
歯肉炎
歯のつけ根の表面に、プラークがたまり、歯の周囲や歯と歯の間の歯肉に炎症が起こります。ブラッシングした時や、固いものを食べると、出血することがあります。これくらいではまだ痛みもあまりありません。(この段階を「歯肉炎」といいます)
 
歯周炎
プラークが歯石(しせき)になり、歯石は大きくなって、歯根膜がとけ歯肉溝の中にも広がってきます。歯肉溝はだんだん深くなり、歯肉の弾力性がなくなって、歯周ポケットと呼ばれる空間ができます。炎症も進み、歯槽骨の破壊も始まります。(軽度歯周炎は歯周ポケット3〜5mm未満の溝の深さ、中等度歯周炎は歯周ポケット5〜7mm未満の溝の深さと言われています)
 
重度歯周炎
症状が進むと、歯周ポケット(7mm以上の溝の深さ)がさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、歯がぐらつき歯の根も見えてきます。出血や口臭も強くなり常時ウミが出るようになります。その状態を一般的に歯槽膿漏(しそうのうろう)といいます。


現代では歯周病は、予防でき治療も可能です。大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。
近年、歯周治療は急速な進歩を遂げました。以前は「不治の病」とさえ言われてきた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどすことができるのです。まず、歯周病の原因は歯垢(プラーク)ですから、それをためない、増やさないことが基本です。そのためには、正しい歯ブラシの方法で毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが何より大切なことです。歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去することです。傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にすることです。
健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けることです。

当院は「歯周病専門医」とも提携しております。より質の高い「歯周治療」をご提供出来る環境にございます。
※提携歯科 山下良太歯科クリニック





歯周病治療無料相談フォーム
歯周病治療に関するご質問・ご相談や、治療に際してご不安な事など、何でもお気軽にご連絡下さい。「実際に来院・カウンセリングする前にこれを確認しておきたい」「家族の歯の治療について相談したい」などのご相談もどうぞお寄せください。
後日メールまたはお電話にて、当院より返信させていただきます。
お預かりした個人情報は、当院にて厳重に管理させていただきます。
※印箇所は入力必須項目です
お名前
性 別
男性   女性
年 齢
メールアドレス
お電話番号
ご相談内容
ご相談内容をHPでご紹介してもよろしいですか?   構わない




ホームインプラント治療審美セラミック歯周病一般歯科訪問歯科当院での症例クリニックのご案内院長プロフィール